FC2ブログ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

Living Swedish

Author: Living Swedish
Living Swedishのショップブログへようこそ!
スタッフがスウェーデンから綴る、ショップの裏話、デザイナー情報、スウェーデンライフなど、どうぞお楽しみください!



*当ブログのために撮影した写真及び、ブログの素材の著作権はすべてLiving Swedishを運営するScandinavian Wave に帰属します。

« 09月

2018年10月

11月 »
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

この人とブロともになる

QRコード

--スポンサーサイト--月 --日 (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16太陽がいっぱいの休日 in ストックホルム05月 16日 (日)

スウェーデンでは、この週末、木曜日の祝日から4連休をとって、ストックホルム群島や郊外の別荘に出かけて、優雅な週末を過ごした人も多いようです。土曜日は、20℃ちかくまで気温があがり、太陽の光が眩しい夏のような一日になりました。

北欧のベニスと呼ばれるストックホルム。街中の大通りから一本入っただけで、自然の中のこんな水辺の景色が楽しめます。

まさにボート日和!taiyouga ippai3
スウェーデンでは、自家用ボートを持っている人も結構多いです。こんな、休日の過ごし方、うらやましいですねー


こんな日は、太陽の光をいっぱい浴びよう!taiyouga ippai2
この季節のスウェーデンは、いつもこんな感じ。冬の間太陽の光を浴びられない北欧の人たちにとって、太陽の光は、なによりも大切なもの。

いやされる景色・・・taiyouga ippai 1
家族や友達と自然の中でおしゃべり。ゆっくりと時間が流れるスウェーデンの休日の光景です。

« キッズ雑貨作家 ロッタ・ブルーンのお宅訪問!|Top|スウェーデンのキッチンタオル・コレクション »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fswl.blog47.fc2.com/tb.php/75-22cfc2d7

Top

HOME

almedahls ISAK Birgitta Lagerqvist VaxboLin Anneko mom hipp safstrom Fikon Fabriken




Latest Tweets
Twitterボタン
Twitterブログパーツ