FC2ブログ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

Living Swedish

Author: Living Swedish
Living Swedishのショップブログへようこそ!
スタッフがスウェーデンから綴る、ショップの裏話、デザイナー情報、スウェーデンライフなど、どうぞお楽しみください!



*当ブログのために撮影した写真及び、ブログの素材の著作権はすべてLiving Swedishを運営するScandinavian Wave に帰属します。

« 09月

2018年10月

11月 »
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

この人とブロともになる

QRコード

--スポンサーサイト--月 --日 (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14聖ルシア祭 in Stockholm12月 14日 (火)

今年も残すところ僅かですねー。先日の日曜日は、Tredje advent(トレーディエ アドベント)/サード・アドベントで、アドベントキャンドルの3本目に火が灯りました。

この日は、ステファン社長のお父様宅でもアドベント・フィーカが!

3dadvent
あと、1本!こうやってクリスマスまでカウントダウンするのも楽しいものです。



翌日の13日は、「聖ルシア祭」でした


12月13日は、旧暦の冬至。この日を境にだんだん日が長くなることを祝う古来からの民間信仰と、キリスト教の光の聖人がいつの間にか一体となり、今のようなルシア祭の形になったとか。この日は、白い服に赤いサッシュをし、頭に蝋燭の冠を乗せて扮装した女の子達がいろんなところで歌う姿が見られます。


例えば、こちらは、駅の構内、早朝の様子!

lucia2010-2
街中だけではなく、朝から学校や職場などでも、コンサートがあり、クリスマスシーズンに飲まれるホットワイン「グロッグ」や、サフランパン、ジンジャークッキーなどが振る舞われるます。この白い服に頭に燭台をのせたルシアの姿は、日本人がみるとまず間違いなくお化けを想像してしまうのですが、こちらでは、「光の聖人」。毎年、その街のルシアを選ぶコンテストも盛り上がります。


教会でもルシアコンサートが行われ、冬を代表する大きなイベントの1つです

lucia2010
 このブログにもよく登場するストックホルム・オフィスの隣にあるカタリーナ教会でも、毎年、子供達による素敵なルシアコンサートが行われます。暗くて寒さの厳しい冬に耐える北欧の人たちが、光をまちわびる気持ちがこんな行事になったのでしょうね。この時期に北欧を旅される方には、教会のルシアコンサートはお勧めです。

Living Swedishのクリスマス アドベント・キャンペーンも、のこすところ、あと少し!この機会に、いつも気になっていたアイテムをお得にゲットしてくださいね。

Living Swedish へGO!

« 4:e Advent もうすぐクリスマス!|Top|宝石箱のようなジュエリー・サロン MAISON S'ADOUCIR »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fswl.blog47.fc2.com/tb.php/116-711f6e8c

Top

HOME

almedahls ISAK Birgitta Lagerqvist VaxboLin Anneko mom hipp safstrom Fikon Fabriken




Latest Tweets
Twitterボタン
Twitterブログパーツ