FC2ブログ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

Living Swedish

Author: Living Swedish
Living Swedishのショップブログへようこそ!
スタッフがスウェーデンから綴る、ショップの裏話、デザイナー情報、スウェーデンライフなど、どうぞお楽しみください!



*当ブログのために撮影した写真及び、ブログの素材の著作権はすべてLiving Swedishを運営するScandinavian Wave に帰属します。

« 01月

2010年02月

03月 »
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

この人とブロともになる

QRコード

09セムラのおはなし その102月 09日 (火)

スウェーデンで、この季節だけ食べられるお菓子といえばセムラ!
2010_semla_04

(Semla=セムラの複数形はSemlorになります。)



最近、インターネットや雑誌でもとりあげられる事も増え、ご存知の方も多いと思いますが、セムラとは…復活祭の40日前(日曜日を除いての40日なので、実際には46日前)から始まる断食の前日に当たるFettisdagenに食べられるお菓子です。

Fettisdagenとは、Fet=脂肪、tisdagen=火曜日で直訳すると「脂肪の火曜日」。あまり、おいしそうな響きではありませんが、断食に備えて、たっぷりカロリー(脂肪?)を摂っておこう、というのが、元々のセムラを食べる理由だそうです。現在では断食の習慣はなくなりましたが、おいしいセムラを食べる習慣だけはしっかりと残っています。

Fettisdagenは移動祝日である復活祭の日にちによって、日にちが決まるのですが、今年は2月16日がその日に当たります。昔はFettisdagenだけに食べられていたというセムラ、最近では1月の上旬から復活祭(今年は4月4日)前後までお店で売られています。

2月16日のFettisdagenに向けて、数回にわたり、このセムラのおはなしをしたいと思います。


つづく
スポンサーサイト



Top

HOME

almedahls ISAK Birgitta Lagerqvist VaxboLin Anneko mom hipp safstrom Fikon Fabriken




Latest Tweets
Twitterボタン
Twitterブログパーツ