FC2ブログ
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

Living Swedish

Author: Living Swedish
Living Swedishのショップブログへようこそ!
スタッフがスウェーデンから綴る、ショップの裏話、デザイナー情報、スウェーデンライフなど、どうぞお楽しみください!



*当ブログのために撮影した写真及び、ブログの素材の著作権はすべてLiving Swedishを運営するScandinavian Wave に帰属します。

« 07月

2009年08月

09月 »
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

この人とブロともになる

QRコード

04FSWLスタッフの夏休み☆08月 04日 (火)

みなさん、いかがお過ごしですか?
実は、北欧のスウェーデンは、そろそろ夏の終わりを迎えようとしています。夏のスウェーデンは、日照時間が長く、とても美しい季節ですが、本当に夏らしいお天気の時期はあっというまに終わってしまいます。そんなわけで、貴重な夏を満喫するため、スウェーデン人は長い長い夏休みをとることで有名。この季節は、会社やお店も長期で休み入ってしまって、仕事がストップしてしまうこともよくあるんですよ!(FSWLはそんなこと、ありませんからご安心を!)

FSWLのスタッフも交代で夏休みをとらせてもらいました。今日から、数回にわけてスタッフの夏の思い出日記をお送りしたいと思います。今回は、ヨハン・レディン一家の夏休みの思い出をお届けします。

レディン家は、ヨハンの父の生まれ故郷である、スウェーデン西海岸のある島にサマーハウスを持っています。
そこへ、一家全員と友人たちが集まるのが毎年恒例です。
fswlblog_sommar21.jpg


私たちの住む首都ストックホルムからは、電車と車(島に渡る時フェリーも)を使って、6時間ほどかかります。
何十年か昔は有名な採石場として、労働者たちの活気あふれる島だったようですが、現在は夏の間、本土から海水浴やバカンスに訪れる人でにぎわう所です。

とても田舎なので特に観光もしないし、刺激的な毎日ではないのですが、みんながどんなことをしているかというと…。庭いじり、家やボートの修理、散歩、海水浴、道ばたになるラズベリーやブルーベリー摘み、読書、絵を描いたり、地元で捕れるサバを焼いて食べたり、ひたすらのんびりと、日の長い夏のひとときを楽しみます。
fswlblog_sommar17.jpg



今回は、滞在中にヨハンの母の誕生日があったので、庭でパーティを開きました。風船で飾り付けをして、テーブルクロスを掛けたテーブルをセッティングして、お祝いの歌を歌って乾杯!
fswlblog_sommar22.jpg
fswlblog_sommar10.jpg

上の写真は、摘んで来たブルーベリー、ラズベリーと苺、メレンゲのバースデーケーキです。

料理好きの父が、ラム肉のグリルから、ミートボール、ギリシャヨーグルトときゅうりのペーストまで様々なご馳走を沢山作ってくれたので、みんなお腹いっぱい。お茶とケーキをデザートにいただきつつ、おしゃべりに花を咲かせました。夜になっても明るく、吹き抜ける風が気持ちがいい。なんとも贅沢な時間が流れていきます。

さて次回は、サマーハウスに滞在中、ドライブがてら回ってみた田舎のLoppis(蚤の市)について少し紹介させてもらおうかなと思っています。どうぞお楽しみに。



スポンサーサイト



Top

HOME

almedahls ISAK Birgitta Lagerqvist VaxboLin Anneko mom hipp safstrom Fikon Fabriken




Latest Tweets
Twitterボタン
Twitterブログパーツ