FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

Living Swedish

Author: Living Swedish
Living Swedishのショップブログへようこそ!
スタッフがスウェーデンから綴る、ショップの裏話、デザイナー情報、スウェーデンライフなど、どうぞお楽しみください!



*当ブログのために撮影した写真及び、ブログの素材の著作権はすべてLiving Swedishを運営するScandinavian Wave に帰属します。

« 07月

2017年08月

09月 »
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

QRコード

--スポンサーサイト--月 --日 (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25ウール作家、Birgitta(ビルギッタ)さんのアトリエに潜入取材!10月 25日 (金)

皆さんお久しぶりです!
お元気していますか?

ストックホルムはすっかり秋へと移り変わり、日本の冬みたいに寒い日もあるぐらいです。
こんな寒い季節には、温かなアイテムが恋しくなりますよね。

今回のブログでは、この秋Living Swedishに仲間入りしたブランド、「Birgitta Lagerqvist」のウールミトンとクッションカバーについてお届けします。

なんと、ウールアイテムのデザイン・製作を手掛ける作家のビルギッタ・ラーゲルクヴィストさんのアトリエ兼自宅にLivSweスタッフは取材に行ってきました!

ビルギッタさんの製作しているミトンとクッションカバーは、寒い土地に育つシェトランドウール(羊毛)で製作されており、ウールの持つ適度な伸縮性とその鮮やかなカラーが合わさり、ほっこりとあたためてくれる素敵な秋冬のアイテムです。

さて、スウェーデンの首都、ストックホルムの中心から20分ほどの自然豊かな住宅街に彼女の自宅兼アトリエはあります。Livsweスタッフは、最寄り駅から閑静な住宅街を抜け、無事にビルッギッタさん宅に到着しました。

no1.jpg
ご自宅の入り口には自然がいっぱいで、玄関先にある木々の葉は秋の色へと変わっていました。


素敵な玄関で作家のビルギッタさんとご挨拶。すぐにご自宅の奥にあるアトリエの1室へと通されました。このアトリエでは、メインとなるパターンの作製を行っています。


目の前には色とりどりののウール素材、そして製作途中のアイテムで溢れていました!no2.jpg


no4.jpg


no3.jpg
あの可愛くて、素敵なアイテム達はここで作成されているんだと思うとワクワクしましたね。


ビルギッタさんの作品は、ドットやクロス柄などのシンプルなものから、北欧らしいクラシックなもの、遊び心溢れる斬新な柄...とデザインの幅が広く、色使いによってその雰囲気が大きくかわるのが大きな魅力です。


作品のこだわりやアイテムの製作についてたくさんの質問をぶつけるLivsweスタッフno5.jpg


no6.jpg
この部屋にある一番大きなこちらの機械では、柄のパターンを織っていくのに使用しています。機械が自動で動く部分とマニュアルで操作する部分があってとても難しそうでしたね。ちなみに、「この機械は日本製だよ」とニコニコ顔のビルギッタさんが教えてくれました。


その後は、素敵な螺旋階段を上がり、2階にある別室へと移動no11.jpg
こちらの部屋にもミトンやクッションカバーに利用する素材が大量に山積みされており、ミシンも2台設置されていました。主に完成前のパターンを縫い合わせるために使用しているそうです。



目にも留まらぬ手慣れた動きで縫い合わせていくビルギッタさんno9.jpg
「このミシンも日本製なのよー!本当に使いやすいわ!」と笑いながら教えてくれました。



no8.jpg
ミトンやクッションカバーが縫い合わさっていく製作現場を見た時に、彼女のウールアイテムへの親近感がより一層涌いてきましたね。


僕たちが騒いでいるその横では、猫のシグリットがのんびりno7.jpg



一通り取材が終わった後は、ビルギッタさんを囲ってフィーカ☆no10.jpg
ビルギッタさんは、将来的には日本で自分の作品を展示してみたいと話してくれました。
Livsweスタッフ一同、最大限の努力をさせていただくと固くお約束(^-^)


常に、新しい素材やテクニックに興味を持ち、新たな物づくりへの挑戦を日々続けるビルギッタさん。毎年、スウェーデン国内の様々な作品展で作り手としての新しい顔を見せてくれます。今後の活躍がますます楽しみな作家さんです。

彼女の作った暖かくて優しいウールアイテムがあれ ば、長くて寒い冬もきっと幸せな気持ちで過ごせるに違いありません。

是非ショップでチェックしてください♪


Birgitta LagerqvistのページへGO!

スポンサーサイト

20Hipp!のオープニングパーティーに参加!06月 20日 (木)

こんにちは!
突然ですが、最近のLivsweスタッフは寝不足さんだらけなんです(笑)

なぜなら、外が明るい明るい。
6月に入り24時を過ぎても太陽が完全には沈まなくなりました。
夏へと移り変わるにつれ、日本とは全く違うんだと改めて実感してしまいますね。
もちろん、明るいスウェーデンの夏では至る所で多くの人が外に繰り出しています。

そんな先週の6月14日のこと。
スタッフの皆さんとLivsweでも大人気の「Hipp!」のオープニングパーティーに参加してきました!
ファッションやインテリア、オシャレなヴィンテージショップやカフェが軒を連ねるエリアにオープンです!
カラフルでキュートなデザインのHipp!のプロダクトはスウェーデンでも大変人気なんです!
hipp7.jpg

当日は余裕を持ってパーティー開始時間である19時の少し前に訪れたのですが、既に多くの方がいらっしゃっていましたね。
hipp5.jpg

Hipp!のデザイナーであるユリア・ニールセンさん(写真左から2番目)が温かく迎えてくれました。
当日は多くの方が来店していて彼女は挨拶回りに奮闘していましたが、嬉しそうにいつもニコニコしていましたね。
hipp4.jpg

さて、HippのショップではLivsweで取り扱っている商品はもちろんの事、本当に多くのアイテムが展示されていて、ずっとキョロキョロしてしまいました(笑)

可愛らしいアイテムの数々。
hipp3.jpg

Livsweで御馴染みのポスターやアクセサリー、グリーティングカードもありました。
hipp1.jpg

hipp6.jpg

手に取ってはあれも可愛い、これも可愛いと目移りばかりでした。
ショップ中央に置かれていたスコーンやケーキ類にも自然と目がいってしまいましたけどね(笑)
hipp2.jpg

本当に素敵なショップですので、スウェーデン在住の方やスウェーデンにご旅行予定の方など、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか?

<住所>
 Nytorgsgatan 36,116 40 STOCKHOLM,SWEDEN

<Hipp!商品についてはこちら>
 Hipp!のページへGO!

12東日本大震災のお見舞い03月 12日 (土)

日本のみなさま

テレビ等の報道で今回の地震の被害状況を知り、スウェーデンのスタッフ、デザイナー、一同とても胸を痛めております。被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げますと共に、1日も早い復旧をお祈り申し上げます。

また、今回の地震の影響で、お客様への商品のお届けに通常より日数がかかることも予想されますが、なにとぞご了承くださいませ。11日以前にスウェーデンから出荷済みの商品でまだお手元に届いていないものについても、通常よりお待たせする可能性がありますが、ご理解いただきますよう、よろしくお願い致します。


みなさまが、くれぐれもご無事でいらっしゃることを祈念いたしております。


2011.03.12

スウェーデン、ストックホルムより

Living Swedish
スタッフ、デザイナー一同

08Hipp! ショップ訪問03月 08日 (月)

まだまだ雪が積もるストックホルムですが、週末から少しずつ、暖かくなり今日は気温が2~3度まで上がりました。公園ではママやパパが子どもを連れて遊んだり、ベンチで本を読んだり、みんな、このかすかな春の訪れを楽しんでいるようでした。


mariatorget
私たちも、仕事の合間にちょっと公園で一息。



今日は、この春にLiving Swedishで発売を予定している商品を見にHipp!そしてフラミンゴのデザイナーのユリアのショップ兼アトリエにおじゃまして、新作発売の打ち合わせをしました。



2010_julia_03
セーデルマルム地区の地下鉄Mariatorget駅の近くにあるPRYL Designbutik


2010_julia_01
ユリアとその友人、女性3人によるデザイナー・ユニットPRYL Designのショップには、彼女たちの作品が所せましと並べられています。




ユリアが淹れてくれたコーヒーを飲みながら、新作を見ていきます。かわいい作品がたくさんで、見ているだけで楽しくなってきます。


2010_julia_02
時にはデザイナーのユリアをモデルにしてサンプル商品の写真を撮ったり。ショップの壁にはおなじみのHipp! ポスターも。


ユリアはこれから作ってみたい作品のこと、来週から行くオーストラリア旅行のことなど、楽しそうに色々、話してくれました。そして、日本の女の子たちが自分の作品を「かわいい!」と興味を持ってくれていることをとても喜んでいました。こんな風に、日本のみなさんとスウェーデンのデザイナーをつなぐことがLiving Swedishスタッフの喜びでもあります。今日、ショップで見せてもらった、ユリアのかわいい新作たち、この春にはショップでご紹介しますので、楽しみにしていてくださいね!


Hipp!/フラミンゴのページへGO!


Top

HOME

almedahls ISAK Birgitta Lagerqvist VaxboLin Anneko mom hipp safstrom Fikon Fabriken




Latest Tweets
Twitterボタン
Twitterブログパーツ